ひと言

★ カラオケのmp3はファイルサーバ終了につき現在作り直し中です。ピアプロにもありますので、そちらをどうぞ ★

2016年12月4日日曜日

師走。

やあ。


12月です。

師匠も走るってほど世間はいそg・・・毎年書いてるし、もういいか。


和歌山ではハッサクがもうすぐ収穫期でした


年末に向けてお仕事などは多忙を極めるかと思いますが、寒い時期だし風邪ひいたりして体調を崩したりしないように気を付けねばいけません。

お気を付けくださいませ。



冬になると、自転車は基本オフシーズンらしい。(また自転車話ですんません)

峠や山は路面が凍結するし、なにより寒いじゃないですか。
自転車といえどもスポーツですので、オートバイみたいな厚着はできないしね。


お山に登ると一足早く冬の世界。6℃。さむい


サイクルジャージを含むスポーツウェアの類って、ランニング程度のスピード(10〜15km/hくらい)なら冬場でも大丈夫だけど、自転車くらいのスピード(20〜30km/h以上)になると身体の発熱以上の超速で汗が冷えるので凍死しそうになります。


ウインドブレイカーだけじゃ効果は薄い


そこで今巷で話題沸騰の、作業着や軍手で有名なおたふく手袋のインナーシャツ 。
「冷感」と「暖感」の二種類があって季節によって使い分けられます。

汗の乾きがもの凄く早いので、某ユニ*ロのヒー*テックみたいに「汗が乾かないからスポーツでは使えない」…なんてことは一切なく、むしろスポーツ向き。

Amazonなら一枚800円くらいとコスパも最高で、もう3枚買いました。。


いいよー、おたふく、いいよー


ちなみに真夏は「熱中症」や「脱水症」の危険があるので、やっぱり自転車はオフシーズンらしい。


自転車シーズン、短けえよ。



末端冷え症としては寒い時期に自転車乗ってて一番辛いのが、足のつま先。

冷たい北風に晒され完全に感覚がなくなり「あれ?指どこいった?」ってくらい、冷たくなります。


通気性能はいいんだけど…


使ってる激安自転車靴は一応オールシーズン対応のはずなのに、足の先端上部はメッシュになってるし、裏も通気穴があいてるし、下り道を走ってると容赦なく冷気が足先を襲ってくれるのです。


裏の通気孔はいらんやろ

でも、冬用の自転車靴は高いし、なんかオートバイのブーツみたいで大袈裟だし。


悩んだ挙げ句、とりあえず通気メッシュのとこに「梱包用テープ」を貼ってみました。

効果は、低速ではそこそこ効果ある気がするけど、下り坂のスピードだとほとんど効果がなくて、普通に寒い。
おまけに、貧乏臭くてむっちゃ格好悪い。


効果は少しあるけど、無駄な足掻きだ

悩んでいると、ぱんだっち師匠がこんなものくれました。




モンベルサイクル・トゥウォーマー


まさにコレは末端冷え症自転車乗りのためのアイテム。

これさえあれば悩みは解消や!・・というわけで早速愛用の自転車靴にセット。




つま先が大きく見えて、なんか可愛いゾ♡

小さい水玉模様みたいなのはリフレクター(反射板)になってます。
もっと色んな柄のバリエーションを作れば、案外女子に受けるんではないかい?


そして実際に使ってみると、平地や登りなんかじゃ今の気候だと全然冷気を感じなくて最高なんだけど、下りだとさすがに寒かった・・・これだけじゃまだダメなのか!?



じゃ。

0 件のコメント:

コメントを投稿