ひと言

★ カラオケのmp3は上のタブ「KARAOKE」ページに置いてあります!★

2017年1月17日火曜日

滝畑ダム。

やあ。


このクソ寒い中、ダムに行って来ました。


一人で。




なぜ『ダム』なのか?


一時期、一部の変な人に人気のあったダム。
巨大建造物偏愛症」とも言うべき、やたらとデカい建物に興奮する性癖・・だそうな。

しかし、不肖Chiquewaはそんな変態ではございません。
むしろ巨大な建造物に恐怖を感じるので、正直デカいビルとか塔とか嫌いです。


なのに、なぜ『ダム』なのか?・・・




それはさておき、今回目指したダムは自宅から約30km離れた大阪南東部・河内長野市の山中にある『滝畑ダム』。
滝畑ダムホームページ/大阪府


夏になると若者たちは「バーベキュー」と称したゴチャ混ぜ網焼きに興じ、恋人たちは夜な夜な「…ダムでも見に行こうか」「…ええ行きましょう」てな感じでデートに訪れ、オッサン連中は釣りに夢中になる場所です。


でも今は真冬。それも平日の昼間。


ホントに誰もいなかった


えぇ、誰も居ませんでしたよ。人っ子一人、ワンちゃんすら居ませんでしたよ。

たまーに車が通り、ダム関係の職員さんと思しき人が通りかかるくらい。
まぁ寂しいのなんの・・・


南岸からの180°パノラマ(クリックするとデカくなるよ)


実はココは、昔からまれに酔っぱらった若者が車ごと突っ込んじゃう事故があったりするので、ちょっとした心霊スポットになってたりする場所なのです。


そういや昔ボーイスカウトに入ってた頃、”オーバーナイト・ハイク”(徹夜で歩く謎のハイキング)で何度か訪れたこともあります。


ダムの上から覗いたところ。高いよー


少し前に相棒ぱんだっちと泉佐野にある『永楽ダム』に行ったけど、こちらの方がだいぶデカいですね。
それでもダムにしちゃ小さい方なんじゃないかな? 知らんけど。

ガチの巨大ダムには行ったことないので、『黒部ダム』とか一度拝んでみたいもんだ。


モーターボートがブンブン走り回ってた。職員さん?


ところで、噂に聞く『ダムカード』とやらは一体どこでいただけるんでしょうかね?


あっちこっちウロウロしてみたけど、それらしい施設や窓口もなく事務所らしきものも閉まってたし、職員さんと思しき方はお忙しそうで声も掛けにくかったし。

てっきり「ダムカードはコ・チ・ラ・☆」的な看板があるもんだと思ってました。


それほど需要はないってこと?
残念。


滝畑ダムの概要


気温がグングン下がってきたので、そそくさとダムから退散。



先述の通り心霊スポットとして有名な場所ですから、帰りは「大阪屈指のヤバい心霊ポイント」と言われている『滝畑第三トンネル』へ行ってみました。


まずはダム湖南岸から『府道61号線』方面へ。

ちなみにこの府道は、別名「怖道61号線」とも呼ばれる恐怖の道路・・ってわけじゃなく、府道のくせに一部が超細かったり未舗装だったりするのでそう呼ばれてるらしい。


和泉市方面って看板に沿って進む


「キレイな道路やん♪」と軽快に走ってると、突然の激坂。

そこから数百メートルはまるで峠のような道。


息を切らして登ると、そこには噂のトンネルが。


中は予想通りヤンキーの落書きだらけでした


とうちゃこ。


キモ試しで訪れる人が絶えないので防犯のためにカメラも設置されてるし、写真には写ってないけど左側にかなり明るいLEDの街灯も設置されてたし、キレイなもんでした。



で、このトンネルのどこか怖いのかっていうと、上の写真をよーく見てください。

一番奥がちょっと変でしょ?


実はこのトンネル、途中で曲がってるんですよね。


このせいで向こう側が見えなくて、まだ照明が無かった頃は入って行った人がトンネルの途中で消える・・・って感じで心霊スポットになっちゃったんじゃないかなー?…って推測してます。



でも本当の恐怖はこのあと・・!


まだ一番走りやすい辺り


なにこの府道?完全に砂利道(それも細い)じゃねーか!


このあと更に細くなっていって、下りになって、カーブもあって、ちょっと危なかった。

ロードじゃなくてミニベロで行って、ホントに良かった。


そして一瞬舗装になったと思ったら…


弘法大師ゆかりのお寺『布引不動尊


お寺の前だけ舗装されてて、また砂利道に戻りましたとさ。


面白そうなので今度はもっと探検しに行こう。


じゃ。

0 件のコメント:

コメントを投稿