ひと言

★ カラオケのmp3はファイルサーバ終了につき現在作り直し中です。ピアプロにもありますので、そちらをどうぞ ★

2017年1月15日日曜日

雪でも走りたい。

やあ。


本格的に冬になっちゃいました。


全国各地で積雪を記録して、交通が麻痺したり、転んで怪我したり、雪かきが大変そうだったり。

大阪だと吹田などの北部はそこそこ雪が降ったっぽいけど、南部の海側はただひたすら寒いだけです。
大雪は大変だし困るけど、ちょっぴり寂しかったり。


ぱんだっちから送られてきた、雪の京都


雪の日といえば、高校生の時にこの辺りではありえないくらい雪が積もって、何だか嬉しくて、親の制止を無視して自転車で学校へ行こうとしたところ、家の真ん前で思い切りすっ転んだ覚えがあります。


自転車でもスパイクタイヤがあれば雪上でも走れるらしい

クルマでも雪道ではノーマルタイヤじゃ一切歯が立たないので、少しでも「ヤバイ」と思ったら無理せずに引き返しましょう。諦める勇気も必要。

スタッドレスタイヤだって過信は禁物。
チェーン規制がかかってる場合は面倒臭がらず、タイヤチェーンをしっかり取り付けましょう。

事故ったら元も子もないぜ。


自転車にもスタッドレスタイヤがあります。(IRC『ささら』)



数年前からよく「ファットバイク」って自転車を街中でも見掛けますよね。


ファットバイク(Specialized Hellga)


ビジュアルのインパクトが凄いけどマウンテンバイクの一種で、強烈にデカいタイヤを空気圧落とし気味で乗ります。

普通の舗装路を走る分には単に重い自転車だけど、林道などの荒れた未舗装路、ケモノ道などのトレイル、それから雪道では猛烈な走破性を発揮するらしい。

そして、タイヤがデカくて圧が低いからボヨンボヨンして、サス無しでも乗り心地は良いらしい。


雪上も余裕。カッコ良く見えてきた

ここまでいかなくても、普通のマウンテンバイクにも『セミファットタイヤ』と呼ばれる通常よりも太いタイヤを履く「27.5Plus」とか「29Plus」なんてのがあって、これならタイヤが太いので雪道でも(そこそこ)走れるらしい。


これならビジュアル的にも大丈夫(Trek Fuel EX 27.5+)


なかなか冒険心をくすぐられるアイテムじゃないですか。

でもこれって、通常の26、27.5/650B、29erのMTBでも、ホイール交換で対応できるのかしらん?
それとも、前後スルーアクスルじゃなきゃだったり、更にBoost規格にも対応してなきゃダメだったりするのかしらん…。


是非一度こんな自転車で雪上を走ってみたいもんだ。



じゃ。

0 件のコメント:

コメントを投稿