ひと言

★ カラオケのmp3は上のタブ「KARAOKE」ページに置いてあります!★

2017年12月27日水曜日

奥さん専用ロードバイク。

ぱんだっちが病気になる少し前、二人でいつもの和泉葛城山をヒルクライムした時のことです。


頂上に着いたら、バイクに乗った一人の恰幅の良いおじさんが話し掛けてきました。

自転車で山に登るという行為に興味が湧いたらしく、色んな質問をしてきます。
本当に自転車を漕いで上がってきたのか?」「どれくらいで登れるようになったのか?」「自分にもできるか?」等々、自転車に乗らない方にはよく質問される内容だったのですが、それから自転車の重量の話になりました。

その時乗っていたのは、ぱんだっちがマウンテンバイク(約12.5kg)↓


Chiquewaはいつものロードバイク(約9.5kg)↓


その差は約3kg

坂道を登るには当然より軽量な自転車の方が有利で、「12kgの荷物と9.5kgの荷物を山の頂上へ運ぶならどちらが楽か?」と考えれば分かりやすいと思います。

・・な〜んて得意げに説明するとおじさんは、


あんた!奥さんに重くてシンドい自転車乗せてるんかいな!奥さん可哀想にぃ…アカンでぇ〜!!


と、怒られました。

いや、手持ちの自転車で乗れるヤツを選んだらこういう組み合わせになってしまっただけで、別に奥様を虐めようなんてつもりは毛頭無くてですね・・・


と長くなりましたが、このことがずーっと心に引っ掛かってました。


そこで、治療完了のお祝いも兼ねてロードバイクをプレゼントしました。(全額ではないのですが…)



色々探して、ぱんだっちが気に入ったBianchi(ビアンキ)の自転車。
ホントはカーボンの超軽い…5〜6kgくらいのヤツを買ってあげたかったんだけど、予算が、ほら、、ね。

ちなみに素材はアルミで、重量はガッツリ9.8kg

・・・

アカンやん!これでもChiquewa号の方が500gほど軽いやん!


というわけで、Chiquewa号に付いてるほんの少し軽いホイールを付けてあげることにしました。
これで多分ぱんだっち号の方がちょっぴり軽くなるはずだ。


ついでに、登る時は荷物は全部持つということで手を打ってもらうとしよう。


めでたし、めでたし。


じゃ。

0 件のコメント:

コメントを投稿