ひと言

★ カラオケのmp3は上のタブ「KARAOKE」ページに置いてあります!★

2018年3月28日水曜日

アレルギン。

また今年も暖かいを通り越して暑いになってきましたね。


この季節になると困っちまいっちんぐになっちゃうのが、花粉

なんなんでしょうか。杉も松も種の保存の危機なんでしょうか?
こんな大量に花粉を振りまいてもしゃあないんちゃうんかなー・・とか思いますが。

山の入口からすでに杉林
不肖Chiquewaもアレルギー王の名に恥じない程度には花粉症です。

この季節になると鼻がムズムズ、涙ポロポロ、このサマはさしずめ「体液の宴」ですね。
いつ頃発症したのか覚えはありませんが、兎に角この季節になると諦め半分でティッシュ片手に大人しく春が過ぎ去るのを待ってました。

スポーツ用マスクなんてのもあるけれど・・
(写真は花粉用『NAROO MASK F5s』)
最近はよく山へ行くんですよ。痴呆のごとく何度も書いてますが。

その山ってのが和泉葛城山ってんですけど、「千年以上前に”役行者(エンノギョウジャ)”って仏教の偉い人がこの山の神を使役して高野山まで橋を架けさせた」とか何とか、そういう伝説がある由緒正しい山だったりするんです。
なのでかどうか知らんけど、行者さんがお経を唱えながら修行してるのをたまに見かけます。(ちなみに葛城山ってのはいくつかあって、一番有名なのは大阪と奈良の県境にある”大和葛城山”)

ずっと人多杉

そんな山だというのに、昭和だかに「加工しやすい」とか「すぐ育つから」みたいな目先のことだけ考えて杉の木を植林しまくったんですな。何の計画性も無しに・・・まさにアホですわ。アホ。
そのせいで、元からあった森は姿を変え一面の杉林になってしまってます。まさに罰当たり。

なんて恐ろしいことをしてくれたんでしょうか。
未来を見据えられなかった人間の愚行の一つですね。

頂上付近までずっと杉
この季節に山に登ると、杉の花粉で辺り一体が少し黄色く霞んでたりして、花粉症の方が見ると失禁必至な光景が広がってるんですが・・・

全然発症しません。


杉林の間を自転車で走り抜けてるんだけど、全く痒くなったりしませんね。

なんででしょ?

ところが街まで降りてくると、鼻がムズムズし始めて、涙が出始めてきます。

なんででしょ?

自然の神秘?


じゃ。

0 件のコメント:

コメントを投稿