ひと言

★ カラオケのmp3は上のタブ「KARAOKE」ページに置いてあります!★

2018年9月3日月曜日

マジカルミライ2018③

前回(「パート2:ミクちゃんコンサート編」)の続き。


今回もたくさん差し入れをいただきました。

まずは動画のイラストなどでお世話になっている へちさん から、お洒落なおこし


『岩おこし』や『粟おこし』は大阪では定番のお菓子ですが、こんなフレーバーおこしがあるだなんて・・おまけに片方は「ミックスジュース味」w コッテコテです。

さすが同郷の へちさん 。どうもありがとうございました!!



お次はCDを買ってくださった方から、ミクちゃんキーホルダー(お名前聞けずでした…スミマセン)


自分で作られたのか詳細は聞けず仕舞いだったんですが、ミクちゃんが可愛いかったので、我が家の鍵キーホルダーにしました。

どうもありがとうございました!




それから、次は中国からお越しの方から、お菓子ホットアイマスク

男女のカップルさんだったんですが、不肖Chiquewaに会えたことにすごーく感動してくれて、一生懸命日本語で色々言いたかったことを伝えてくれて、中国に要るお友達の分までCD買ってくれたので、記念にサインさせてもらいましたー。


「お菓子、あまり美味しくないけど…」って言ってたけど、美味しかったです!謝々!!



最後は、今回のCD先行発売のためにわざわざ横浜から駆け付けてくれた、いつもお馴染み なっくさん からアイス梅パンダサッカーボール


梅どころ・紀州南部(ミナベ)の梅を日常的に食べている不肖Chiquewaですが、『アイス梅』なんて見たことも聞いたこともなかったので、ドキドキしながら開けてみると・・


うーん…梅干しですね。

説明書きには「凍らせて食べてね」って書いてあったので、「?」とか思いつつ早速凍らすこと一晩・・・


おー、見事に凍った梅干し!梅干しって凍るんだね。

早速食べてみると・・・な、なんと!『ア◯スの実』をそのまま梅干しにしたような、何とも言えない美味しさ。
う、うまい!

これはおススメです。とてもおススメですが、とある筋からの情報によると、なかなか高価な物らしいです。
横浜から来ていただいた上にこんな物までいただけるとは…ありがとうございました!!
(お返しに、もしもの時用に用意してあった銘菓『だんぢり饅頭』をお渡ししておきましたw)

それから、相棒ぱんだっち には、謎のパンダサッカーボールを。


なんという癒しアイテムw 早速棚に展示させていただいてます!


というわけで、マジカルミライ2018@大阪への参加は無事に終了。
お世話になったスタッフの皆さん、会場へおこしの皆さん、どうもお疲れ様でした。

あ、そうそう。
クリプトンさんが控え室に置いてくれてた北海道のお菓子ですが、他の皆さんが遠慮してなのか手を出さない中バリバリ食いまくらせていただきました!美味しかったです。
次回はマルセイバターサn



次回のイベント予定は11月のボーマスです!
ぱんだっちの新譜もありますので、関東地方の皆さまどうぞよろしくお願いします。


じゃ。

2018年8月31日金曜日

マジカルミライ2018②

前回(「パート1:企画展編」)の続き。


※今回は写真をあまり使えないので、主に文章のみです
予めご了承くださいませ

そう。生まれて初めて経験する、ボーカロイドのコンサートってヤツです。

当日まで行く予定はなかったんですが、ひょんなことからチケットをお譲りいただけることになって、ぱんだっちと二人で見学することになりました。


これまでも色々噂は耳にしてましたが、ずっと「ミクちゃんのコスプレをした人(声優さん?)が歌に合わせて踊ったりしてるんかなー」程度にしか考えてませんでした(失礼)

しかしながら、実際は凄いことになってたんですね・・・マジで驚愕した。

多分皆さんは不肖Chiquewaと違ってコンサートの映像とか見られたことがあると思うので、敢えて写真とか貼りませんが(そもそも撮影禁止でした)、あれどうなってんでしょうか? ホログラム映像みたいな感じ?
動きなんかまんま人間だし、モーションキャプチャとか3DCGとかの技術を駆使して作るんでしょうか?


そして一番驚いたのが、よく訓練されたお客さん達。

両手にLEDサイリウム(?)を持って、歌ってるボカロに合わせてLEDの色を変え、ブレイクとかキメとか完璧に合わせるのな。
サッカーのゴール裏も真っ青な、曲に合わせた完璧な動き・・最後尾で見てたんだけど、それはまるで七色に輝く草原みたいで壮観でした。

プログラムされた歌とホログラムの映像に歓声を上げ、歓喜し、感動で涙する・・全てがあまりに「未来」過ぎて、おじさんただ腕を組んで呆然と立ちすくむばかり。。


でもこれって、もしかして自分が何年もかけてずーっと追いかけて来たものなんじゃないか?…なんて思ったり。

楽器だろうが歌だろうが、プログラムするのは人間で、そこには必ず表情や感情が込められるものだと思ってます。
だから世間一般で言われるように「打ち込み=機械的/無機質」とは一概に言えないんじゃないかなー…と思ってるわけです。
ボカロを打ち込む時は「ここでしゃくりを入れて〜」とか「ここから盛り上げて〜」とか考えながら打ち込むわけで、その時点でもう「無機質」とは言えないんじゃないか?と。楽器の打ち込みも同じ。

だから、打ち込み音楽を聴いて感動したり、CG映像に向かって歓喜するなんておかしくもなんともないし、むしろそれはもう当たり前のことなんですよね。
そもそも何年も前から、CGだけで作られたディ◯ニーの映画とか観て皆が感動してるんだし。

確かにまだこういう「バーチャルなキャラクターによるコンサート」は市民権は得られてないかも知れないけど、近い将来当たり前になってくるのかも知れませんね。ワクワクしてきます。


あ、そういや一つ感動したことが。

自分が居た場所の少し前に一組の母娘がいたんですが、ボカロのコンサートは初めてらしく、皆が持ってる可変色LEDサイリウムをお持ちじゃなかったんです。で、娘さんは色の変わらない緑色のサイリウムを振ってました。

ところが歌うボカロが変わった途端辺り一面がピンク色に・・・娘さんはせっかく持ってきたサイリウムを振れなくなってしまいました。

「あらー、、可哀想に」…と思っていたのも束の間、その母娘の隣にいたボカロ法被を着た青年が二本持っていたLEDサイリウムの一本を娘さんに手渡したんです。それで無事にその娘も一緒にLEDサイリウムを振ることができました。

なかなか粋なことするじゃねえか、、なぁ。
おじさん、思わず後方から拍手しそうになっちゃったぜ。



というわけで、最後③に続く・・「パート3:頂き物編

2018年8月30日木曜日

マジカルミライ2018 ①

こんばんわ。


告知ばっかりじゃ愛想ないので、たまにはご報告を。


先週末の日曜日、マジカルミライ2018の企画展・クリエーターズマーケット(CD即売会)に参加すべく、大阪南港のインテックス大阪へ行ってきました。



通常年に一度のボーマスにしか参加しないChiquewaとぱんだっちですが、今年はお誘いをいただいたので突如参加することに。

なんでもマジカルミライが大阪で開催されるのは4年ぶりだそうで、お客さんも多数来場されてて熱気溢れる会場でした。


インテックス大阪

Chiquewa&ぱんだっちはご存知の方はご存知と思いますが、誰よりも深くボーカロイドを愛していると自負しているのにボカロ界隈に非常に友達が少なく、且つ音楽を聴いてくださる方々も落ち着いた大人の方が多くて余りブースでお話もできず、いつも割と寂しい思いをしているのですよ。

※もしお嫌でなければ、ボーマスなどでブースに来られた際にはせっかくですので色々お話しましょう!
 本気で皆さんといっぱいお喋りしたいし、ボカロについて語り合いたい2匹なのです。


ササカマブース・2018バージョン

当日までは「誰も来てくれなかったらどうしよう・・」と不安で眠れない日々を過ごしましたが、始まってみるとホントたくさんの方に来ていただいて、感謝!

大阪にしか参加しないと聞いて東京から来てくれた方、新譜情報を聞きつけて中国から買いに来てくれた方、通りすがりにジャケ買いをしてくれた方、終了間際にサラっと立ち寄って全種類買ってくれた方・・・本当に嬉しくて涙が出そうになりました。

それから、ササカマのためにわざわざ横浜から駆け付けてくれた常連の なっくさん、お土産までいただいて本当にありがとうございました!!本当にお会いしたら横浜へトンボ帰りされたみたいで・・(驚)


インタビューされ中のChiquewa
マジカルミライDVDの特典映像に収録される…かもよw

あと、長年お世話になっていたクリプトンフューチャーメディア株式会社の方にやっとご挨拶させていただけました。

"KARENT"で配信を始めてかれこれ10年以上のお付き合いで、最近は残念ながら少し疎遠なのですが、一時期は『初音ミクAppend』の開発で色々意見交換やお手伝いをさせていただいたり、"ピアプロプラス"(配信用システム)の機能テストをさせていただいたり…楽しかった想い出です。


いただいたKARENTのステッカー
これからもボカロ文化を支えていって欲しいです

少しお客さんが減った空き時間に、折角なのでなっくさんと企画展も見て回りましたが、なかなか面白かった。

こういう企画展示は数年前の枚方パークでのイベントしか行ったことありませんでしたが、規模もずっと大きかったし、夏の一大ボカロ祭ってことで参加者も多くて盛り上がっていて、興味深い内容も多々あって楽しい時間を過ごせました。






そして時は過ぎ、即売会も無事に終了。

遂にその時は来ました。





②へ続く・・。「パート2:ミクちゃんコンサート編