その他

ひと言

★ カラオケのmp3は上のタブ「KARAOKE」ページに置いてあります!★

2022年5月15日日曜日

転生したらギタートリオになってた件

 みなさまお変わりございませんか。

 長い沈黙を破り、ぼちぼちと音楽活動を再開し始めました。

 ・・と言っても、まだ不肖Chiquewaの体調が完全には戻っていないので、急がず・慌てず・落ち着いて、のんびりと曲作りとかをしています。

 まずは、何年も前から計画していた『Chiquewa Trio(仮)』のアルバム制作の準備から。
 内容はギタートリオによるインスト音楽で、残念ながらボカロ曲ではありません。 うちのルカちゃん&ミクちゃんは長い休暇に入り、どっかへ行っちゃいました。ハワイかな?

ササカマスタジオ

 Chiquewa Trio(仮)の歴史はそこそこ長く、活動開始は2010年にまで遡ります。

 最初に作ったのは2010年の5月に投稿した『Start Up』ってビバップ風の曲なんですが、この時はまだギタートリオではなく、私がエレピも弾いています。 ですので、名義は「Chiquewa Trio (+1)』。 エレクトリックベースはその頃一緒にバンドやってた友人です。


Start Up - Chiquewa Trio (+1)


 その次に作ったのが、”2010年のサッカーワールドカップ・南アフリカ大会”での日本代表の健闘を祈願して作った『Sunrise』。 お察しの通り、日本=日出国なのでこのタイトルです。 ベースも私が弾いてるから厳密にはトリオじゃありませんから、名義を単に「Chiquewa」にしました。

 ちなみにベーシストは、サウンドにピッタリの(面白い)人が見付かったらその時に考えよう…ということになっています。

 この曲は確か2011年に東京の水道橋で開催した『いちくわセッション・ライブ』でも演奏しました。 この時はピアニストが入ってたかな。 後にも先にも一度限りのライブ演奏でした。(ライブ会場でのみ頒布された幻のCD『いちくわCD Vol.1』にも、Baguettes Ensembleの いち君 にベースを弾いてもらったバージョンが収録されてます)

Sunrise - Chiquewa


 それからしばらくの休眠状態が続き、次に作ったのが2014年のワールドカップの応援で作った『Ravens』。 Ravens=カラスはもちろん、日本サッカー協会のエンブレムの”八咫烏”から。 八咫烏は日本のサッカーのアイコンともいえる存在ですので。

 音楽的には、なんだろね、これ。 カッコよく言えば「ECM系コンテンポラリージャズ」みたいな感じなんだけど、本人たちは一切ジャズと思ってないので、「不思議ちゃんポップインスト」とかでいいです。 ほら、ジャズって言うとジャズ警察が・・・

Ravens - Chiquewa


 そして、これを最後に活動は長い長い休止状態になります。 「2018年のワールドカップのはどうしたんだよ!」…とか思いますが、一体どうしたんでしょうね。 もちろん応援はしてました。 そういや今年もワールドカップあるんだっけか。 どうしよかね。


 という感じで、偉そうに「Chiquewa Trio」とか言いながら、制作したのは12年でたったの3曲。 それも一曲はギタートリオじゃねえし。

 単にギタートリオってだけなら、それ以前に投稿した趣味の「一人ギタートリオ」もあります。 ジョン・コルトレーン和尚の『Moment's Notice』の弾いてみた動画なんですが、今聴くとイマイチですね。 特にドラムスが。 やっぱ奥さま・ぱんだっちに叩いてもらわなきゃだねぇ。

Moment's Notice (by J.Coltrane) - Chiquewa


 ザックリ紹介させていただきましたが、正直2022年の世にこんな音楽を聴いてくれる酔狂な方はいるとは全く思っていません。 YouTubeの再生数も(悪い意味で)そこいらの人が適当に投稿したナンセンス動画よりも遥かに少ないです(『Ravens』なんて見た時は150再生くらいだったぜ)。 まぁ、ただでさえマイノリティの権化みたいな私のボカロ曲を、1,000倍アンニュイにしたような音楽ですし。

 でもきっと、世界のどこかにこんな音楽を好んでくれる狂った人たちがいてくれるに違いない!・・そう信じて日々邁進しておる次第であります。

 ちなみに制作を開始したこのアルバムのテーマは、異世界(転生)です。


では。

2022年5月4日水曜日

ワンオフなロゴプレート

 サカマの2匹・ぱんだっち と Chiquewa は、昨年の9月末以来休止していた自転車をやっと再開しました。

 7ヶ月間もロードバイクに乗ってなかったので最初は少し緊張しましたが、ほんの10分も走ればあっと言う間に元通り。人間の感覚ってのは大したもんですね・・・と言っても、走ったのは30km程度(1時間半くらい)なんですが。

 まだまだ本調子からは程遠いので、今のところは様子見程度。
 いつの日かまた宇治でケンさんと会ってお茶したり、「奈良~京都~大阪ぐるり一周180kmライド」とか、やりたいなぁ。

 あ、宇治と言えば、お墓参りも長らく行ってないな…怒られるわ😥

ロードバイクとぱんだっち@水間観音の辺り


◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆

 さて、最近このようなブツが送られてきました。

ササカマ・ロゴプレート1


Sasakama Studio ロゴプレート!

 少し前から、いつもササカマを応援してくれている ほまれさん が3Dプリンターでコツコツと作ってくれていました😀

 不肖Chiquewaは不勉強なので仕組みは詳しく知りませんが、お話を伺うと「『Blender』(3Dソフト)で3Dデータを作成して、それを元に3Dプリンタ用ファイルを制作する」らしい。。すごい!なんかよく分かんないけど、大変!

 そして何度か試作を重ねた末に、遂にこの逸品が出来上がったというわけです。

ササカマ・ロゴプレート2
これくらいの大きさ。結構大きい

 この超マブいロゴプレート、可能ならば(良い運搬手段が思い付けば)イベントに持参してブースに飾りたい!ですね🌼

窓辺に飾った状態

ほまれさん、どうもありがとうございました!

◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆

 こんな感じで、慌ただしく流れゆく日々をただノンビリと過ごしています。

 我々人間も含めた生物にとって”時間”とは”命そのもの”ですので、1秒たりとも無駄にしてはいけませんが、こういう時間の使い方って一生に一度くらいは経験してみると物事の見方が変わってきますね。合掌🙏


では。

2022年4月30日土曜日

今年のイベント参加(思案中)

 ッ!という間に桜も散り、陽射しも夏のように強くなり、世間ではもうゴールデンウイークですが、お変わりございませんか。

窓際のチューリップ
ぱんだっちが大切に育てていたチューリップが咲きました

 最近の不肖Chiquewaはというと、特筆すべき事柄もなく、ただ流されるままに怠惰な日々を過ごしております。

 音楽制作はほんの少しずつ再開していますが、一度置いてしまった筆を再度握るのは大変なことで、これまでみたいに衝動に駆られるような制作欲が薄らいでいるように感じています。

 こんな生活は人生で初めてなので、慣れてしまうのが恐ろしいような…。

スピーカーの吸音ボード
モニターの背面にIKEAの吸音ボードを取り付けました
制作作業は進まないのに、道具や環境だけは充実してゆく…

 こんな有り様ですので、現在唯一のChiquewa活動は隔週金曜日の『ササカマ大放送』のみ。

いい加減ギターの演奏配信もやりたいし、できるなら即売会などのイベントで皆さんとお会いしたいところなんですが。。

4月29日の放送前に30分だけギターを弾いてみました【録画】


    今年は、去年制作だけして力尽きたリメイク・アルバムla la la la+を何としても頒布&Boothで販売したいので、年に一度の大ボカロイベント『マジカルミライ』は何としても参加したいと考えています。

『la la la la+』ジャケット
『la la la la+』


 ところが今年は[大阪が8月半ば・東京が9月上旬]という一番暑い時期に開催予定なので、去年の夏の暑さで体調を崩して今に至っている関係もあって、正直体力的に自信ありません・・・そもそも熾烈(?)な抽選を突破しないと参加できないんですが。

 でも、ササカマ会議で大阪の一日(たぶん土曜日)は応募してみようということになりました。

 もし当たったら頑張って参加しますので、よろしくお願いします!

マジカルミライ2019
最後の夏開催だった2019年のマジミラ
寸前にPCが壊れて新譜を落としたりして、大変でした

 あと、他のボカロイベントというと秋の『ボーマス』がありますが、今年いっぱいくらいは東京への泊りの参加は少し難しいだろうなぁ…と思っています。 途中で体調を崩しちゃうと皆さんに迷惑かけちゃうし、元も子もありませんもんね。。


 最近は静養のためにボカロ界から少し距離を置いてしまったせいなのか、単なるオワコンなのか知りませんが、日に日に減りつつあるツイッターのフォロワー数を眺める度に「あぁ、こうしてみんなの記憶から消えてゆくのか…」と、とても寂しい気持ちでいっぱいになってます。ボカロの話題にも全然乗れてませんしね。

 2年も東京へも行っていないので、久しぶりに東京へ行きたい!久しぶりに皆さんにお会いしたい!池袋でお腹いっぱいパフェを食べたい!

池袋で食べたデカいパフェ
池袋のデカいパフェ

 そんなことを願いつつ日々回復に向けて精進していますので、もしまだお付き合いいただけるのなら温かい目で見守っていただければ幸いです。

 では。