ひと言

★ カラオケのmp3は上のタブ「KARAOKE」ページに置いてあります!★

2014年10月29日水曜日

ODYSSEY

やあ。


ボーパラも無事終わり、ボーマスの準備せんとなー・・なんて思いつつ、CDはもう完成してるし、あとは座骨神経痛のケツ痛が治るのを祈るばかりですが、いかがお過ごし?


不肖Chiquewaは、相変わらずよく拙作『 ODYSSEY 』を聴いてます。




新譜『 わさび 』も、ぱんだっちとの共作『 パンダ大作戦 』も最高にゴキゲンでリコメンドなCDなんだけど、やはり「リスナー無視の趣味全開・純粋に自分が欲しいからという目的」で作ったこのCDは思い入れが強い。


これ以上お勧めしても、理解してくれる人の手にはほぼ渡っただろうから、もう何も言わねえ。


・・なんてずっと思ってたけど、やっぱ黙っちゃいられねぇのな。


先日の「ボーパラ@名古屋」では初めてChiquewaの名前を知ってくれた方も結構いて、試聴もいっぱいしてくれたんだけど、『ODYSSEY』を聴いてくれた方は全員100%漏れなくお買い上げくださいました。

これってスゲェことだぜ。多分。きっとそうだ。


なので、今までやってなかった(かな?)曲紹介をしつつ、もう一回お勧めしよう!


ODYSSEY - Chiquewa with Pandacchi  SKS-009

1. Odyssey  - オデッセイ -
最も敬愛するキーボーディスト/アレンジャーである故 ジョージ・デューク に捧げたジャズ・ファンクです。
和風テイストに、ついでにファンクの神髄・宇宙信仰も混ぜつつ、「ファンクビートに乗って惑星に降り立ったスターチャイルド=巡音ルカ」みたいなイメージで作りました。
ローズピアノ(ソロ)も自分で頑張って弾いてます。

2. Monster  - 怪物 -
無機質なシンセベースと ぱんだっち のグルーヴを土台にして、スティーヴィー・ワンダー っぽく、且つ、ルカがJay Kay系クネクネダンス踊りながら歌ってるイメージです。
エンディングのギターは、ハードセッティングのCryBabyで ジミ・ヘンドリクス っぽく弾いてみました。
歌詞はインターネットに巣食う怪物のおはなし。

3. Hysteria  - 狂乱 -  by ぱんだっち
唯一 ぱんだっち 作編曲の曲で、イメージはモロにラテンロックの唯一神 カルロス・サンタナ 。
自分のギターは サンタナ にゃ程遠いけど、満足してます。バックで狂ったように弾きまくる ぱんだっち のモントゥーノ・ピアノが聴きどころ(分かりにくい)。
歌詞は受け手のご想像にお任せします、ということで。。

4. Onsoku Groover  - 音速グルーヴァー -
ダンスビート & ペンタトニックなストリングス = フィリーソウル、です。
ベースは打ち込みですが、最も尊敬するベーシスト・故 バーナード・エドワーズ を思いきりイメージしてます。(ギターはもちろん ナイル・ロジャース が透明なギターを弾いてるイメージ。)
個人的には巡音ルカの声が一番フィットしてる曲だと思ってます。

5. Rowdy Girl  - ラウディ・ガール -
ドファンク。自分の中のファンク・オブ・ファンクです。
若い頃はこんなバンドばっかやってました。当時からドラマーは ぱんだっち だったので、なんか懐かしい。
曲自体は Average White Band とか一時期の K.C.&The Sunshine Band っぽいですが、敢えてイメージは準備せず、理想的なファンクを想像して作りました。

6. SuperDrive  - スーパードライヴ -
子供の頃観たEW&Fのライブの、華やかできらびやかな音とビジュアルを思い出しながら作った曲。
最初はシンセ盛り沢山なサウンドでしたが、豪華なホーンセクションにしてみました。ブラスだけじゃなく、サックス・セクションも入ってる、昭和的に言うと「フルバン編成」ですね。
Super Drive は Apple のDVDドライブのことではなく、SF映画で出てくるワープ装置です。

7. GINGA  - 銀河 -
アルバム唯一のインスト曲。
昔から カシオペア を聴くと「曲によっちゃファンクだなぁ」なんて思ってて(ギャラクティック・ファンクなんて曲もあるし)、あまり馴染みは無いんですが、J-フュージョンな曲を作ってみました。
トレモロ付きギターが安物のストラトしか無かったので(ホントはフロイドローズが欲しかった)シングルコイルのひ弱な音で弾きまくってます。Digitech Wahmmy なんかも使ってます。
相棒ドラマー ぱんだっち は学生時代バンドでJ-フュージョンを叩きまくってたらしいので、特に相談もせず「カシオペアっぽく」って言っただけで伝わりました。

8. Anything For You  - すべてをあなたに -
90年代くらいまで定期的に黒人(美人)シンガーが出してヒットしてたバラード曲をイメージしました。
エレクトリック・シタールも生で弾いてます。ギターソロはやっぱ マイケル・ランドゥ や スティーヴ・ルカサー がイメージです。日本で言えば 松原正樹 ?
CDの感想って余りいただけませんでしたが、何気に一番評判良かった曲かも知れません。


気が付いたら長くなってしまったけど、これくらい熱い想いを込めて作ったってことです。

来月のボーマスにも多分持って行くと思うので、是非聴いてみて欲しいです!


ODYSSEY - Chiquewa with Pandacchi・特設サイト


あ、そうそう。

全然分かってもらえてなかったみたいですが、このジャケットのライトセイバー持ってる女剣士は巡音ルカ。
不肖 Chiquewa は巡音ルカ命で、ODYSSEY は全曲ルカだし、ルカ好きには是非お勧めしたいアルバムです。


じゃ。

0 件のコメント:

コメントを投稿