ひと言

★ カラオケのmp3は上のタブ「KARAOKE」ページに置いてあります!★

2016年8月21日日曜日

ギターロクオン。

やー。


やっとドラム録音も終わり、今年のアルバム制作も大詰め。

ぱんだっちさん、ありがとう

 と思ってたら、最大の関門・ギター録音が残っていたでござる。トホホ。


録音の前に、まずは弦交換から。


弦はいつものElixirのライトゲージ(0.10〜0.46)

人気はNanowebらしいけど、個人的な好みでPolyweb。
違いは、Nanowebは従来の弦に近く、Polywebはいかにもコーティングしてますって感じで、タッチがサラサラ…悪く言うと滑りすぎで、音もちょっとマイルド。

「どっちを選べばいいのか分からん…」って場合、従来の弦同様にタイトでトレブリーな音が欲しいならNanoweb、フラットワウンド的な太くて暖かい音が欲しいならPolywebって感じで選べばいいんじゃないすかね。

普通の弦より白い

コーティング弦が出てきて、すっかり弦交換しなくなりました。

前に交換したのは去年のアルバムのレコーディング時じゃなかったっけかな・・丸々1年以上使っても全然錆びない、それがコーティング弦。

でも音はしっかり劣化するから、最低でも半年に一度、よく弾いたりライブしてるなら最低2〜3ヵ月に一度は交換してあげましょう。


そんなこんなで愛用のレスポールも今年で7年目。

もう何曲くらいレコーディングしたんかな・・?
Chiquewa曲だけでも50曲以上、その他お仕事とか色々合わせると数百曲はレコーディングしました。ソリッドのエレキギターがほとんどコレ一本だし。

メジャーアーチストさんのCDや、ジャ○ーズさんのグループのCDなどでも弾いてます。
このギターで弾いた音が、横浜アリーナとかのデカいハコで、ファンの熱烈な声援を浴びながら大音量で流れてたのか…と思うと、いつもよりちょっと丁寧にお掃除してあげたくなるね。


基本的にギターの改造はしないので、ドノーマル。

楽器店に足を運べばピックアップ、ブリッジ、ペグ、ナット、果てはノブやピックガードなどどうでもいいカスタムパーツまで所狭しと並んでるけど、このギターを選んだ時点で全部気に入ってるので、別に改造する必要もないかなと。

とか言いつつ、そういやストラトのピックガードは交換したな・・まぁあれはちょっとしたお洒落ってコトで。

"Traditional"ってモデル
レコーディングでは大活躍のこのギターですが、実はステージではまだ数回しか使ったことありません。

持ち運べるようにセミハードケースも奮発して買ったのに、今は物置で眠ってます。
勿体ないハナシやでなぁ、ほんま。

そもそも、ステージ自体ほとんどやってないもんなぁ。
また機会があれば是非やりたいですが、特にお誘いもないし、自発的に企画することもなさそうなので、もし不肖Chiquewaのライブを観たのであれば非常にレアですから大切な思い出として心にしまっておいてください。

Ibanez CP10 , Guyatone OD2 , JimDunlop Crybaby
エフェクターは少し前にお金に困ってストンプボックスの類いを全て売っちゃったので、今持ってるエフェクターはIbanezのコンプレッサー、Guyatoneのオーバードライブ、Jim DunlopのCrybaby(ワウペダル)の三つだけ。それもCrybabyはいただきものです。世知辛いですなぁ…。

ま、昔からあんまエフェクターは好きじゃないので、基本的に

[ギター]→[コンプ]→([ワウ])→[オーバードライブ]→[アンプ]

のセッティングだから、なーんにも困ることないんだけどさ。

ソウルやR&Bの時はフェイザー、トレモロ、コーラスなんかも使ってたけど、今はほとんど使ってません。
もしレコーディングで必要なら、DAWとGuitar Rigでかけちゃうし。

N.I. "Guitar Rig"

新しい機材を買ったわけでもないのに意味なくギター周辺の機材紹介をしちゃったけど(前に何度もやったね)、普段はギターの話なんて誰とも一切しないし、最近は自分がギタリストであることを忘れつつあったから、意識の再確認ができて良かった。

さ、残り4曲の録音頑張ろ。
アルバムの完成をお楽しみに〜♪


じゃ。

0 件のコメント:

コメントを投稿