ひと言

★ カラオケのmp3は上のタブ「KARAOKE」ページに置いてあります!★

2016年1月5日火曜日

スターウォーずった。

やあ。


昨年末にスターウォーズ・エピソード7/フォースの覚醒を観てきました。



前にも書いた通り、不肖Chiquewaは大のスターウォーズ・ファン。

「映画公開の数週間前から泊まり込みで並んで、当日はコスプレでテレビの取材まで受けちゃう」・・・ほどのファンじゃないけど、その人達の気持ちが半分くらい分かる程度には、好き。

ガチなファンのみなさん

でも今回は、なんだか少し覚めてました。

それはまるで、スティーブ・ジョブス亡き後に出たAppleの製品にはワクワクしないように。

ジョブズがいない間も
そこそこワクってたけどね。

でも実際に観てみると、これがなかなか面白い。

ジョージ・ルーカスが描いたスターウォーズの世界を上手く踏襲してて、ファンなら「おっ」と思えるようなシーンの連続。

特に『Episode4』など旧三部作のオマージュがたくさん出てくるので、旧三部作好きなら感涙必至。

タトゥーインのに似た酒場も。

ただ、「う〜ん」って部分も。

「スターウォーズは全て二体のドロイド(”C3-PO”と”R2-D2”)の視点で描かれてる」…って話を聞いてすごく納得してたんだけど(昔ルーカスのインタビューで読んだ気がする)、この『Episode7』は二体のドロイドは最後に少し登場するだけで、言うならば「”BB-8”という新しいドロイドの視点」

ショコラBB-8

「主人公じゃない登場人物(ドロイド)の視点で描かれてる」という意味では、コンセプト的にはギリOKなのかもだけど、それでも旧三部作&新三部作とのトータリティーが保たれてない気がする。

あと、細かな「気になった部分」はあるけど、まぁそれは大したことないしいいや。

でもやっぱり、この視点の違いだけはちょっと気になったのでした。

二体のドロイド

初めてスターウォーズを観る人には両手放しにお勧めは出来ま、、せん!

ですが、ある程度世界観を理解してる人になら超オススメ。


ロッキー4・炎の友情度:★★★★☆
星4つでドラゴもタジタジ


じゃ。

0 件のコメント:

コメントを投稿